切削加工の具体的な内容とは

製造業では材料を加工して部品を作り、これを組立てして製品を作りますが、切削加工とは金属などの材料に工具を用いて穴をあけたり、削ったりする加工法の事です。この切削加工における基本的な加工方法は外形加工、内部加工、穴あけ加工、ねじ加工などが挙げられます。外形加工は外側を削って形状を作り出すもので、例えばフライス盤を用いた平面削り、旋盤では円柱形の材料の側面を削る外径切削などが有ります。また外形加工と反対に材料の内側を削るのが内部加工です。

穴あけ加工はドリルを用いて材料に穴を開ける加工でして、ドリルでの穴あけは寸法精度が高くありませんので、穴の寸法精度を出す為に内部加工を行って仕上げを行います。ねじ加工では旋盤にねじ用のネジ切りバイトを用いて加工を行います。これらの切削加工のメリットとは、大きな部品であっても機械の加工エリアに収まれば、材料の厚みが大きかったり、複雑な形状でも加工する事が出来る点です。また精密な加工を行えますので、製品の最終加工として利用される事も多い特徴が有ります。

切削加工では切削刃具や加工速度などを最適化する事で、鉄やステンレス、アルミや樹脂など幅広い材質にも対応する事が可能です。またこの加工を行う為には型などが必要ありませんので、すぐに加工を開始する事が出来ます。これから切削加工を依頼する際の注意点とは、部品の加工を対応出来るか図面などを提示して事前に相談する事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です