切削加工の種類を理解する

金属加工をしている工場を見ると様々な機械や工具が用いられていることがわかります。一人の人が機械の扱いを覚えて、様々な道具を使いこなせるようになるには時間がかかるものです。では、切削加工にはどのような種類があるのでしょうか。まず一つ目は、素材を回転させて工具で削るというものです。

イメージとしては、ネジが分かりやすいですが回転している金属の棒に、工具をあてるとあっという間に削れて溝が出来ます。この場合に使用する工具は単刃になります。二つ目は、一つ目の逆になりますが固定された工具が回転しており、そこに素材をあてて削るのです。復刃になり複雑なモノを作ることが可能になります。

三つ目は、ドリルで穴を開けるという種類になります。切削加工では簡単に思えますが、様々な大きさがあります。また、厚みがある場合は、真っ直ぐに開けるのが難しくなる場合もあるのです。このように切削加工の種類は三種類に分けることが出来ますが、使用する機械や道具はたくさんあります。

作る製品によっては幾つかの機械や道具が必要になってきますが、どれも安全に注意をして行う必要があるのです。切削加工で何かの部品や製品を作る場合、設計から検査まで考える必要があります。加工方法やそれぞれのメリットとデメリットを知らないと設計することは難しいです。そのため、一通り使い方を覚えて上手に加工出来るようになるにはどうしても時間が必要だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です