切削加工の種類と注意する点

工具で金属を削ったり穴を開ける加工技術となる切削加工は、3種類に分けることができますが、ターニングとなる旋削加工とミーリングとなるフライス加工、ドリリングとなる穴あけ加工となります。切削加工の3種類のうちの1つとなるターニングは、機械で回転させた素材に切削工具を当てて削る方法となり、硬い金属でも簡単に削ることができます。ターニングは丸物加工とも呼ばれており、加工を行うと丸みを帯びた加工品となりますが、加工方法から円柱の形にならざるを得ません。ミーリングは刃を回転させて加工を行う方法で、材料を固定したテーブルに回転させた刃を移動させ、滑らせるように素材を削ります。

四角い素材を扱うのが特徴となり、穴をあけることができる加工方法としてはドリリングとなりますが、工具を回転させて素材に穴をあけなければなりません。加工する際は刃が素材に当たりますが、摩擦することで抵抗力が発生するため、素材に悪影響が出てしまう可能性があります。摩擦することで熱が生じる場合もあり、素材が変形する可能性もありますが、素材の面積が大きく削る速度が速いと摩擦が激しくなるため、十分に注意するとよいでしょう。切削加工を行う際は、3種類の全ての加工方法においてスムーズに加工できるよう注意する必要がありますが、抵抗力を軽減するために事前に素材の特徴や刃の回転速度をチェックし、熱で変形することのないよう加工時間を工夫するとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です