高品質な製品を作れる切削加工について

切削加工は木材や金属を工具で削って目的の形状を得る技術であり、様々な方法が存在します。鉋やノミなどで木材を削るのも一種の切削加工ですが、工場では機械を使って様々な製品が作られています。機械を使えば手作業で加工する場合よりも遥かに効率的で、材料の無駄も減らすことができます。木材や金属を削って加工するとある程度の無駄が発生しますが、コンピュータが条件を制御するタイプの機械を使うと材料の無駄が減るためコスト削減につながります。

切削加工を行う主な機械には手動で操作する汎用フライスや汎用旋盤の他に、コンピュータが内蔵されているものが存在します。工場では工具を回転させて工作物を固定するフライス加工や、反対に工作物を回転させて工具を固定する旋盤加工が広く行われています。フライス加工は表面を平面や曲面にできるだけでなく、穴開けや削りなどが可能です。旋盤加工は円筒形状の工作物の外周を円形や先細形状にしたり、穴開けやねじ切りなどを行ったりすることができます。

切削加工をコンピュータ制御の機械で行う場合は、熟練の技術が必要ないため初心者でも高品質な製品が作れます。コンピュータ制御を行う機械にはNCフライスやマシニングセンタ、NC歯車加工機やNC旋盤などがあります。汎用フライスや汎用旋盤を使えば、より精密な製品を作ることができますが一定の技術が求められます。材料の無駄を抑えてコストを削減しつつ、素早く高品質な製品を作りたい場合にはコンピュータが条件を制御するタイプの機械が威力を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です