射出成形でプラスチックを加工するメリットとは

射出成形はプラスチック製品を短時間に大量生産するための技術でスマートフォンやパソコン、テレビなど様々なものに応用されています。この技術でプラスチック製品を製造するためには、一定の費用をかけて金型を製造する必要があります。金型の製造にはある程度の費用がかかるものの、一旦作ってしまえば材料を揃えるだけでプラスチック製品の大量生産ができます。生産量が増えるほど製品1個あたりの費用を抑えることができるというメリットがあります。

射出成形によって加工を行う方法には、低圧状態を利用するものや射出圧縮を行いうものなどが存在します。低圧成形は金型内の圧力が過大にならないように低い圧力で加工する方法で、エアベントが良好となりバリの発生や反り変形などを防ぐことができます。射出圧縮成形は射出成形と圧縮成形を組み合わせた方法で、圧縮のストローク分だけ残した状態のキャビティに溶融樹脂を射出した後で圧力をかけて加工します。この方法は加工による歪みが少ない製品を作ることができるため、光ディスクや光学レンズなどの製造や高速度成形などに最適です。

射出成形機のコントローラーは成形の速度や圧力の他に金型やシリンダーの温度、材料の射出量などを制御する装置です。最近ではコンピュータによる自動制御が行われるタイプが広く使われるようになりました。コンピュータが加工条件を制御するタイプの射出成形機を使えば、高度な技術力を備えたスタッフでなくても簡単に高品質な製品を製造できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です