プラスチックを自在に加工できる射出成形とは

射出成形とはプラスチックなどの合成樹脂を自在に加工するための技術です。スマートフォンやパソコン、テレビの他に自動車や洗濯機など人々の日常生活を支える製品のプラスチック部品がこの技術で作られています。射出成形機には様々なタイプがありますがコントローラーと射出ユニット、型締めユニットで構成されている点は同じです。コントローラーは成形条件を制御するための装置で、最近ではNC化が進んでおりコンピュータが自動制御してくれます。

プラスチックなどの合成樹脂を任意の形状に加工するためには成形速度や圧力の他にシリンダーや金型の温度、材料の射出量などを適切に制御しなければなりません。NCとはNumericalControlを省略したもので、コンピュータによる数値制御を意味しています。スタッフが手動で成形条件を適切に制御するにはある程度の熟練が必要になりますが、コンピュータ制御を使えば誰でも簡単に高品質な製品を製造できます。射出成形機の射出ユニットには材料を投入するホッパーや加熱するシリンダー、型締め部の金型に注入する噴射ノズルなどが備えられています。

型締め部の金型は開閉できるようになっており、可動側は固定側に移動して内部の合成樹脂に圧力をかけます。金型内部では非常に強い圧力が生じるため、バリなどの発生を防いで高品質な製品を製造するには十分な型締め力が必要になります。注入された素材は300度近くの高温になっていますが、金型内を巡回するオイルや冷却水によって冷やされて固まり製品が作られます。射出成形の技術を活用すれば、複雑な形状のプラスチック製品を短時間で大量に生産できます。

射出成形のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です