切削加工に定義される加工方法

切削加工は、物体を切り削るもので様々な製品を作る時に使われているものですが、切削加工に定義されるものには多数の種類があります。切削加工に定義されているもので身近なものとしてはノコギリがあり、これはギラギラの刃を使って削っていくものです。比較的柔らかい木だけでなく金属の切断にも使われている方法で、ホームセンターでも簡単に手に入れることができるので加工方法としてはもっとも身近なものになります。またドリルを使って穴を開けるのも切削加工に定義されるもので、電動ドリルを使えば簡単に行うことが可能です。

一方で工業的に使われているものは旋削加工やスライス加工、穴あけ加工と呼ばれるものがあり、これらは専門の機械を使って精密に加工することができます。旋削加工というのは旋盤を使う方法で、加工する素材を固定し回転させそこにピットと呼ばれる硬質の刃先を押し当てることで削っていくものです。筒状に加工ことができるもので、丸棒を作るだけでなく、ねじ切りや穴を開ける、また途中に水をつけるといった加工ができます。スライス加工は加工する素材を固定して左右前後、また上下に移動しドリルなどの刃先を押し当てて表面を削るというものです。

この場合には、表面を均一の高さにするといった他にも溝を作ったりすることもできます。穴あけ加工は素材を固定してドリルを押し当てることにより穴を開けるというものですが、この時に単に穴を開けるのではなくねじの溝を作るといった加工も行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です