切削加工の定義とは何か

切削加工とは工具を使って金属などを切ったり削ったりすることで、加工をするために用いられる技術です。一般的には工作機械が用いられ、高度な技術を必要とするものを作るときほど高精度な機械が必要になります。切削加工に関する定義というのはJISでも特に掲げられていませんが、「工具を使って不要部を削り希望の形に加工すること」ということができます。プラスチックなどの樹脂や金属を加工するときに材料を溶かして別の形に加工をする鋳造や射出成形がありますが、切削加工の場合は金型を作る必要がないので多くの種類の形やサイズのものを作るときに適しています。

また機械を導入するときの初期費用が少なくて済むことや、材料を加熱する設備が不要なことなどが射出成型などと異なる点です。切削加工は機械に刃物をつけて施されますが、刃物で切ったり削ったりできなかった部分については砥石を使って研削加工をすることもあります。研削加工は少しずつ削るために時間がかかりますが、高精度は加工を施すことが期待できます。切削をする材料は主に鋼やアルミニウム合金、ステンレスやプラスチックなどで、射出成形では難しい形にする場合や高精度な技術が必要な場合に切削や研削加工が活用されるのです。

特に定義はありませんが、いくつかある加工の方法の中では一番安価ででき、多種類加工の小ロット生産にも適している方法ということも定義づけできます。切りくずが発生するので処理の手間がかかることもデメリットではありますが、最も経済的で精度の高い加工技術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です