最近の切削加工の問題点

切削加工は昔からいろいろな工法がありますが、技術が進化するにつれて、切削加工の技術力の向上が求められます。まずは、サイクルタイムの向上でいかに生産性を高めるかです。加工時間を安くして単価を下げる必要があります。海外の工場との競合となったりするので急務な課題となるのです。

自動機を積極的に導入し、特に、ボール盤やフライス盤など1台で複数の種類の加工ができる機械を導入します。そして、高速条件で加工できるような刃物や一本の刃物でいろいろな場所が加工できる形状刃物の開発を進め導入するのです。つぎに、難削材の加工で、鉄やアルミが一般的ですが、軽量化をするためにマグネシウムやステンレスが求められます。火事になる特性や削りにくい特性があるので最適な加工条件を刃物や切削油を含めて研究する必要があります。

また、軽量化を進めるため薄物の製品の加工ニーズが増えているのです。加工をすると変形をして要求精度がでません。ゆっくりと丁寧に工程を重ねると加工時間がかかってしまい、コスト競合力にも影響するのです。このような切削加工の問題は自社で研究して技術開発をする必要がありますが、外部に委託することもできます。

切削の問題をコンサルティングする企業があったり、刃物メーカーや機械メーカーに相談すると解決の糸口を見つけてもらえます。切削商品を公表する展示会や見本市などに説教的に参加することで問題を解決することにもつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です