切削加工の例を把握する

国内の主力産業として製造業が挙げられますが、製造業では素材を加工して部品を作り、これを組立てして製品を完成させます。素材の加工には色々な種類が有りますが、部品の最終形状を作り出す際に用いられる加工が切削加工となります。切削加工には複数の種類が有りますので、これから加工を検討される方は具体的な例を把握しておく事も大切です。切削加工は刃具を用いて材料を削り、狙いとする形状を作り出す為の加工を行いますが、この時に使用する刃具によって種類が分けられまして、旋削加工、フライス加工、穴あけ加工が例として挙げられます。

旋削加工では素材を回転させて、回転させて素材に刃具を押し当てて削ってゆく方法です。この素材を削る刃具はバイトと呼ばれ複数の種類が有り、例えば外径加工や内径加工、ねじ切り加工などによって使い分けが行われます。次にフライス加工では素材は動かさずに刃具を回転させて加工を行う物です。そして段付き加工や平面加工、溝加工などの種類によって、刃具の使い分けを行います。

また穴あけ加工はドリルを回転させて素材に押し当てて穴を開ける内容です。素材の加工では、目的とする形状を作り出す為に、複数の切削加工を組み合わせて対応するケースが多く、各加工の特徴を把握した上で、加工を効率的に行える様に加工の順番なども検討して行く必要が有ります。また加工時に使用する刃具を長持ちさせる為に、最適な切削条件を設定する事も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です