切削加工の技術を用いた製品やパーツ類の事例

工場で利用される機材の中には、切削加工用の機器があり、使える材料は機種により違いはありますが、多く利用されている材料は金属です。ステンレスやアルミなど金属系の材料に対して、切削加工の事例では切断をする目的、穴あけ加工をする目的、溝を掘る目的、丸みを付ける加工など出来ることは沢山あります。実際に切削加工の技法で作られた製品やパーツ類の事例では、特殊なネジやボルト、ワッシャーなどがあり、シャフトやアンカーなども該当します。様々な固定用金具や複雑なシリンダーなど金属素材を用いている製品は広範囲にわたります。

自動車関連を事例にすると、エンジンルーム内を確認した場合、その車種専用の金属パーツを沢山見つけることができます。ボンネット内にエンジンを置いて、空間を最適化するには市販品では対応することができないので、切削加工の技術により最適化した設計を行えます。身近な存在では、住宅の金属製装飾品や、玄関ドア回りに採用されるパーツ類、ドアハンドルやレバーなども全て切削加工で製造されています。かつては建具のドアには握り玉式の取っ手が付けられており、現在でも築年数が古い住宅ではそのまま使っていることもありますが、綺麗な円形で根元部分に掛けて緩やかな傾斜が付けられている取っ手は誰しも見たことがあるパーツです。

この取っ手も身近な事例としては非常に分かりやすく、特殊な機械器具がなければ実現することは非常に難しい範囲なので加工機の持つ能力の高さは身近なパーツでも確認できます。切削加工の例のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です