切削加工とは?意味・特徴など

切削加工の意味ですが、辞書を調べると「工具を用いて金属などの材料を削ったり穴を開けたりする加工技術」と書かれています。工具とは、工作に使用する器具・道具のことです。切削加工に使用される機械としては旋盤が有名ですが、フライス盤やマシニングセンタなどさまざまな種類の機械があります。近年では機械がとても高性能化しており、高精度なものづくりが実現するようになってきています。

こういった意味を知ると、素人は高性能な工作機械を導入すれば、だれでも高精度なものづくりができると考えがちです。しかし、現実はそう甘くはないそうです。製造現場で働いている人の話によると、最先端の工作機械ですら、微妙な誤差があるそうです。機械オペレータはそういった誤差も考慮にいれて、ベストな切削加工ができるように使いこなすことが求められます。

切削加工の意味がわかったところで、次は機械の種類について解説しましょう。代表的な工作機械は旋盤です。昔は主に汎用旋盤のことを言っていましたが、近年ではプログラミングでの加工ができるようになったNC・CNC旋盤なども普及してきています。フライス盤は回転した工具で加工する工作機械のことです。

フライス盤は角物加工をすることが多いです。マシニングセンタは複数の工具を自動で交換することができます。マシニングセンタと旋盤を合体させたような機能をもつのが、複合加工機です。人の手では難しいような複雑な加工も、プログラミングを用いて機械が自動的に行ってくれるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です