切削加工関係の用語が持つ具体的な意味について

切削加工とは工具を使って金属や木材などを加工する技術であり、様々な専門用語が存在します。スムーズに金属や木材などの素材を加工したいのであれば、まず専門用語の意味をしっかり理解することが大切です。大工がノミや鉋を使って木材を削るのも一種の切削加工ですが、製造業の現場では主に機械を使った加工が行われています。切削加工の方法には工具を回転させるものと工作物を回転させるものがあります。

前者は転削と呼ばれフライス加工が代表的な方法で、後者は旋削と呼ばれ旋盤加工が代表的な方法です。フライス加工は回転軸にフライス盤と呼ばれる切削用の工具を装着し、固定した工作物に対して断続的に当てます。このタイプの加工を行う機械には汎用フライスやNCフライス、マシニングセンタやNC歯車加工機が存在します。汎用フライスは手動で操作しますが、それ以外はコンピュータによるNC制御が行われます。

NCとはNumericalControlを省略したもので、数値制御という意味があります。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定した工具に当てて加工します。工具は刃物状でバイトと呼ばれており、工作物の外周を円形や先細形状などに加工できます。旋盤加工を行う機械には汎用旋盤やNC旋盤があります。

汎用旋盤は汎用フライスと同様に手動で作業を行うタイプで、NC旋盤はコンピュータが加工条件を自動的に制御します。切削加工を行う機械には汎用型とNC型があり、前者は手動で後者はコンピュータ制御が行われます。金属や木材を目的の形状に加工したいのであれば、まずは汎用型とNC型の意味の違いを理解することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です