切削加工の意味を理解する

切削加工とは素材を加工する一つの方法であり、主に金属加工で使われることが多いです。意味を考えるとプラスチックや木材でも当てはまりますが、プラスチックは成形が多いですし、木材の切削加工も多いわけではありません。では、切削加工とはどのような加工をするのでしょうか。三つの方法がありますが、一つは、素材を固定してから刃物をあてて加工する方法です。

その逆に刃は固定されており素材を歯にあてて加工する場合もあります。また、ドリルで穴をあけるというものもあるのです。これらの三つの方法を組み合わせて素材をいろいろなパーツに仕上げます。切削加工の意味を知ると非常に簡単ですが、作る部品は非常に複雑です。

一人前の職人になるには、数多くの刃物の特性を理解して使い方を覚える必要があります。一つずつの意味を理解することが大事であり、一通り覚えるのには時間がかかります。また、複雑な部品を作ろうとするなら、選ぶ材質が大事になってくるのです。削りにくい材質を選ぶなら時間かかかりますし、不良品も出やすくなるからです。

日本はものづくり大国として、多くのモノを作ってきましたがその技術を継承していくことは大事と言えます。機械化が進んでいると言っても、職人技が無くなることはありません。人の手の微妙な動きや精度に機械はまだ追いついていないのです。高齢化が問題となっていますが、引き続き貴重な技術を継承していくことは大事であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です