切削加工に意味合いを持たせよう

切削加工の意味は金属やプラスチック、樹脂を使った製造に用いられている加工です。切削加工にはメリットがあり、どのような材料も加工することができます。切削工具の材質は低価格な高速度鋼やダイヤモンドなど、幅広く用意されています。向き不向きはありますが、基本的にどんな材料でも加工可能です。

精度や表面粗さなどが自在に調整することができ、要求に応じて調整が比較的自由に行うことができます。特定の必要な箇所について精度を高めたり、そうではない箇所には荒く削ることも可能です。メリハリのある加工を実現することができ、美しい加工ができることを意味します。初期投資が少なく個数の制限が少ないのも特徴的で、鋳造や鍛造、射出成形などと違って金型が必要ありません。

初期投資が少ないケースが多く、個数が1個からでも利用することが可能です。工作物を加熱する必要もなく、作業時間を大幅に短縮することができます。鋳造や鍛造のように製作前に材料を加熱するような方法は、大きな設備やエネルギーなどが必要です。切削加工ならこのような投資はなく、リーズナブルな費用で活用できます。

除去加工において最も安価に加工ができ、コスト削減という意味合いからおすすめの技法です。除去加工には研削加工や放電加工などもあり、同じ体積を除去するのに加工の場合10倍のエネルギーが必要で、放電加工の場合100倍のエネルギーが必要です。切削加工は除去加工において経済的で、精度のバランスが取れた方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です