切削加工の影響について説明します

ここでは、切削加工の影響について説明します。まず切削加工条件の影響切削で最も望まれるものです。それは短い加工時間です。長い寿命そして優れた加工精度です。

そのためには、ワークの材質・硬度・形状・状態・工作機械の性能を慎重に検討し工具を決定します。そこには、効率的な切削条件を選択する必要があります。切削速度は、工具寿命に大きな影響を与えることが可能です。速度が上がると切削温度が上がり、工具寿命が極端に短くなります。

切削速度は被削材の種類や硬さによって異なります。そのため、それに応じた適切な材料を選択する必要があります。切削速度を20%上げると工具寿命が半分になります。速度を50%上げると工具寿命が5分の1になります。

では切削速度が遅い(20~40m/分)です。低速側でもびびり振動が発生しやすく、工具寿命が短くなります。通常の切削工具の場合、送りは被削材が1回転するときに工具が進む量です。カッターの場合は、カッターが1回転するときに機械テーブルが進む量を分割します。

それはブレード数、つまり1で表されます。ブレードあたりの送り量として表されます。フィードは、仕上げ面の粗さと大きく関係しており多くの場合、必要な仕上げ面の粗さによって決まります。次に切削加工の影響についてです。

これは送りを減らすと、逃げ面摩耗が増加して寿命が極端に短くなります。送りを大きくすると、切削温度の上昇により逃げ面摩耗が大きくなり。そのため切削速度に比べて工具寿命への影響は小いです。そして、フィードを増やすと処理効率が向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です