切削加工で工具と材料に与える影響

切削加工では金属と金属がぶつかって加工されていきますので、工具の寿命と熱の影響を考える必要があります。切削加工では原材料ももしくは刃物が回転しながら、加工がされるのです。その時のスピードによって工具の寿命に影響が出てきます。速ければいいというものではありませんし、遅くてもよくないです。

適度なスピードが求められます。工具の寿命が短くなるとその分コストが高くなってしまうのです。なるべく長く同じ工具を使うことは非常に重要であると言えます。また、金属同士がぶつかるわけですから、そこには熱が生じます。

更には機械の熱もありますので、その影響もあるのです。熱による変形が生じると不良品の率が増えてしまい、出荷できなくなってしまいます。そのようなわけで、一つの部品を時間をかけて加工するのはよくないのです。短時間で作ることが大事であり、そうすることで熱の影響を減らすことが出来ます。

金属には加工に反発する力が働きますので、切削加工ではその影響も考える必要があるのです。もちろん、ミクロ単位の話になりますが精密部品を作る場合は特に大切になります。このように切削加工において、商品の精度を上げるには多くの要素が関係しています。また、一つの工具を長く使えるようにするためには、使用するスピードや環境を考える必要があるのです。

いずれにしても、いい製品を作るには熟練の技が必要であり、そこには職人の経験と技術があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です