切削加工にはどんな影響がある?

切削加工とは工具を使用して金属などの材料を削ったり、穴を開けたりする加工技術のことを指していますが、これを行うには工作機械を用いるのが普通です。切削加工で良い条件とは加工時間が短くて、工具の寿命が長く加工精度が高いことは言うまでもありません。この良い条件を保つには被加工物の材質、硬さ、形状、状態を把握して、また工作機械の性能をよく理解した上で、工作機械を選ぶことが切削加工の好条件に影響を与えます。切削速度はツールの寿命に影響します。

この速度が速くなれば切削温度が上がって工具の寿命は短くなります。切削速度は被削材の材質や硬さで異なりますが、的確なツールを選ぶことが大切です。一般的に切削速度を2割アップすると工具の寿命は2分の1、その速度が5割アップなら工具の寿命は5分の1に低下します。逆に切削速度が低い場合、例えば20~40m/minでもびびり振動が入りやすく工具の寿命は短くなる影響があります。

送りとは被削材が1回転した時にバイトの進む量を言いますが、送りは仕上げ面粗さと関係があり、要求される仕上げ面粗さで決まる場合が多くなっています。送りを小さくすると逃げ面摩耗が大きくなり、工具の寿命が短くなります。反対に送りを大きくすると切削温度が上がるので、逃げ面摩耗が大きくなりますが、送りを小さくするよりもこの方が工具の寿命への影響は少ないです。また送りを大きくすると加工能率が上がるので、作業が進行します。

切込量が変化しても工具の寿命はあまり変わりません。機械の使い方で工具寿命に影響します。切削加工の影響のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です