精密な成形品を作る射出成形とは

射出成形とは、成形させたい形状の金型に加熱した溶解材料を射出注入し、その後冷却し固化を行うことで成形品を作ることを言います。この加工方法は、より複雑な形状をした製品を作るのに最適で大量生産する場合にも活躍しています。作業工程は、まず型締めから始まり射出、保圧を行います。そして冷却後、型開きされ製品の取出しをして完了します。

この工程を連続して行い、精密に象られた製品を大量に作ることが可能になります。射出成形を行うには射出成形機が重要になります。射出成形機とは、加熱溶融させ樹脂を金型へ射出し成形を行う一連の工程をする機械のことです。成形機は、型締ユニットと射出ユニットの2つの構造から出来ています。

型締ユニットとは、金型の開閉や突き出しを行う部分で、トグル式と直圧式があります。射出ユニットとは、材料となる樹脂を加熱溶解し金型へ射出する部分になります。まず、スクリューが回転するとホッパーと呼ばれる樹脂を投入する部分から樹脂が出てきます。投入された樹脂はスクリューの前方へ運ばれ、必要量が溜まると金型へ射出されます。

加熱溶解された樹脂が射出される金型には複数の孔が開けられており、ヒーターなどで適切な温度に調節されています。樹脂はスプルーと呼ばれる細い入り口から金型内に入り、ランナーという回路を通り充填されていきます。充填が終わると冷却し、成形品がエジェクタプレートに押し出されることで工程が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です