素早く大量生産ができる射出成形とは

射出成形とはプラスチックなどの合成樹脂を使って、様々な形状の部品や製品を素早く大量に作るための技術です。スマートフォンやパソコン、テレビなどに使われるプラスチックの部品は射出成形によって大量生産されています。多くの工場ではコンピュータが加工条件を自動的に制御する機械を使用しており、熟練の技術者でなくても高品質な製品を作ることができます。射出成形とは人々の生活を支えるプラスチック製品を製造するために不可欠な技術です。

プラスチックを加工する代表的な方法には、他にも3Dプリンターなどがあります。3Dプリンターは3次元的なデジタルモデルから物体を出力できる装置で、3DCADの設計データに基づいて薄く切られた2次元の層を1枚ずつ積み重ねて立体にします。射出成形とは金型を使ってプラスチックを加工する技術ですが、3Dプリンターでは金型を使いません。金型を作ると手間やコストがかかるものの、後は材料を用意するだけで加工が可能になります。

最初に金型を作るには一定のコストがかかりますが、大量生産を行えば製品1個あたりのコストが低下します。3Dプリンターは金型を使わないで製品を作るので、大量生産にはあまり向いていません。プラスチックなどの合成樹脂を使い、高品質な製品を素早く大量に生産したい場合には射出成形の方が適しています。成形の速度や圧力、シリンダーの温度など様々な加工条件をコンピュータが自動制御する機械を使えばより効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です