射出成形とは安定した製品を製造する技術

射出成形とは溶解金属やプラスチックなどの部品を金型に流し込んだり、またノズルから吹き出すことで形を整える成形方法です。この方法は一見非常に単純で簡単なもののように思われますが、実は金型やノズルの形状に工夫が加えられており、非常に精度の高い形状を実現することが可能となっています。射出成形以外の成形方法ではその所在によっては様々な問題を生じることが多く、金属の場合には直接金型に流し込むとその冷却時間にムラが生じ形が正確にできない場合が少なくありません。金属は比較的高い温度で固まってしまうため、先に金型に流し込んだ部分から固まり始めムラが生じてしまうことになります。

また時間をかけるほど内部に層ができることになり、この部分が強度面で非常に弱い部分となってしまうため注意が必要です。プラスチックの場合には非常に硬くもろい性質を持っているために、射出成形以外の方法では自由な形にすることができません。そのため、射出成形は溶解した材料を一気に成形することができるため、非常に効果的な方法となっています。成形技術とは単純に様々な材料を形作るだけではなく、その強度を十分に保つことが重要となるものです。

その中で射出成形とは最も理にかなった方法であるとともに、作業時間を短縮し正確な形状を得ることができるものとなっているため、様々な場面で利用されているのが特徴です。この技術が発展したことで、様々な複雑な形状を実現することができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です