切削加工が重宝される意味とは

機械による工作は設計図に基づき、その仕様通りに製品加工を行います。日本の技術が喜ばれている理由のひとつに、工作機械を生み出すという理由があるのです。これは「機械を生み出す機械」を作り上げる技術で、日本には多くの有名メーカーが誕生しました。より高度な技術が求められる中で、大切な工程が切削加工部分です。

本来の切削加工の意味は、工具を使用して金属に穴を開けたり削ることを意味します。工作機械の精度は、まさにこの切削加工を行う際に求められるのです。多くの世界メーカーが数値制御化やコンピュータ数値制御化によって、切削加工の工程精度を上げようとしました。日本ではオペレータが機械の特性を把握し、加工の技術を最大限に引き出してるのです。

工作機械の表面的な意味を知るだけでは、優れた技術者にはなれません。細かい機械の動作を把握し、意味を把握してこそ優秀な技術者と言えます。担当する機械の特性を熟知することが、良いものづくりを生み出してきました。切削加工はさまざまな影響を受けやすい工程です。

金属の剛性によって振動が発生しますし、金属同士が触れ合うことで熱も発生します。こうしたことが意味するのは、部品の変形や欠損が起こりうる可能性があるということです。だからこそ、工作機械のオペレータには洗練された技術と知識が要求されます。加えて、切削する対象物の材質・面積・種類を知る必要があるのです。

刃の送りと抵抗の強さも考えなければなりません。このように、さまざまな視点が求められる工程と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です