切削加工とはどんな意味か

切削加工とはどんな意味がありますか。読んで字のごとく、削ったり切ったりすることで物体を加工します。彫刻も切削加工の一つです。硬い物質は加工することが可能です。

石や木などは固いものの代表です。切削加工のためには刃物が欠かせません。一般的に切削加工を行う場合、手で作業をする場合には下書きが必要です。希望する形になるようにアウトラインや目印をつけます。

仕上がりにはかなりの時間を要します。芸術作品はこのように手作業で行うのが一般的です。しかし、製造業においては手作業で行うことは無理です。機械で加工をしなければいけません。

機械はあらかじめ設計図をインプットすることで、希望通りの形になります。切削加工の意味について簡単に考えました。では身近にはどんな例がありますか。ダイヤモンドもその一つです。

ダイヤモンドは硬い石を削っていきます。最初はただの石ころにしか見えないかもしれません。それがだんだんと美しく輝く宝石へと変身します。ちなみによくダイヤモンドの原石という表現が使われますが、どんな意味がありますか。

主に人の潜在能力を指して使われます。たとえばオーディションで、美しい声の持ち主が参加します。本格的なレッスンを受けていないため、まだまだ改善の余地はあります。でも、時間をかけてトレーニングをするなら大物になる可能性があると、審査員は感じるかもしれません。

そのような時にダイヤモンドの原石という表現を使います。切削加工の意味のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です