射出成形とは何か説明します

射出成形とは、金型を用いた製品の成形方法になり、さまざまな形を作成することができます。合成樹脂などを熱で溶かして、金型に流し込んで形を作っていきます。金型に流しいれる様が、注射器で薬剤を流し込む作業に似ていることから射出成形と呼ばれています。金型に流し込まれた材料は、冷却や加熱の作業を経て硬化して形が作られていきます。

射出成形のメリットは、同じ精度のものを連続して作成することができるので、生産性が高いです。色々な形状のものを作成することができ、後加工の必要が無いので、製造の効率化を図ることができます。一度金型を制作をしてしまえばあとは材料だけになるので、作れば作るほど製品の単価を低くすることができます。製品製造の現場では、金型内に複数成形することができるような仕組みに工夫されています。

射出成形にはさまざまな種類があります。熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の方法があります。熱可塑性樹脂とは、温度が高くなると溶けて温度が下がると硬化する性質を利用して、金型内で樹脂を十分に冷却して成形をおこなっていきます。熱硬化性樹脂とは、あらかじめシリンダ内で樹脂に熱を加えて金型内で流動させ、樹脂の硬化温度に設定した金型内に射出して成形をおこないます。

熱可塑性樹脂のように冷却する必要がない製法になります。射出成形は、インサート成形などの特殊な加工もおこなうことができます。インサート成形は、金型内にナットなどを装填してから樹脂を注入する方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です