射出成形用いた高分子材料の成形法とは

私たちが日常生活を送る上において用いる器具というものには色々なものがありますが、その材質の多くは高分子材料と呼ばれるものでできています。高分子材料とは、平たく言えばプラスチックのことです。なぜこの高分子材料が私たちの身の回りに数多く見られるようになったかということについては、エネルギー問題との関係があります。現在日本の電力発電の主要部分は火力発電になっています。

火力発電の際には、原油を精製し石油として燃やすという方法がとられるわけです。この場合、輸入した原油をそのまま燃やすというわけにはいきません。原油には様々な成分が含まれていますので、分離し燃料だけとる必要があるわけです。そのような過程で副産物としてナフサと呼ばれるものが出てきます。

このナフサを利用してできたものが高分子材料です。高分子材料を作る際に利用される方法に射出成形と呼ばれる方法があります。射出成形とは、溶融した高分子材料を型に入れそれを冷やすことにより成形を行うという方法です。同様に溶かしたものを型に入れ成型するものとしては、鉄などの金属がありますが、この場合の温度は高分子材料に比べると大変大きなものです。

そういう意味で高分子材料の射出成形による製作というのは、エネルギー効率の観点という意味で鉄の頭の材料の場合とは大きく異なると言えます。大変効率的に製品を作り出すことができますので、その価格も安価にすることは可能となり、私たちの身の回りに普及することとなります。現在では、高分子材料の機能性を高めるような様々な研究も行われてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です