射出成形とは何か、その詳細について

射出成形とは何であるか、製造業のカテゴリーに属することではありますが、その説明についてわかりやすい説明を試みます。プラスチック部品の射出成形についての説明をしますが、射出成形には3つの要素があり業務を構成しているといえます。すなわち、成形機本体、金型、材料の3要素となります。この3要素が組み合わさることにより、プラスチック成形品の品質が保たれることになるのです。

成形機本体とは、文字通りの機械一式となるのですが、多くの場合、成形機に加え取り出し器、ベルトコンベアと一体となった機械群を指して成形機本体と呼称します。値段はといいますと、中古品でも300万円ぐらいはしますし、新品ですと優に1000万くらいにもなります。さらに圧力をかけるトン数によってもグレードが違ってきます。金型は、非常に精密な構成になっていて金型の出来・不出来が製品の良し悪しを決定するといっても過言ではありません。

設計が重要ですが、納入されてからもきめ細かいメンテナンス等の作業が必須となります。材料とはプラスチック製品の材料となる固形状の粒子のようなものが多く、これを乾燥させることによりドロドロしたものとし、金型に流しこんだうえで、急速に冷却したものを成形機から取り出しすることにより成形品の完成となります。成形品を機械から射出すること、定められた時間内で頻繁に行うことにより大量生産を可能としているスタイルとなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です