大量生産を可能にする射出成形の優れたメリット

射出成形の技術は、主に金型を利用して製品の型枠などを作り出す方法で日用品を始め、家電製品や自動車のパーツ部品の製造まで幅広く利用されております。専用の金型を鋳造し、そこに合成樹脂などの熱によって液状化した物質を流し込んでプレスを行い冷やせば簡単に型枠などが製造できます。溶かした樹脂を注射みたいな機器で、送り込む形で成形化するため射出成形と呼ばれます。そのメリットは流し込んでは固めて成形することを繰り返し行うことで、大量生産を可能にすることです。

しかも単に大量生産を可能にするだけでなく、精度を一定に保ったまま成形できる点でも優れ、人々の日常生活にも貢献しております。つまり安価で良い物を大量に生産することができる点があり、射出成形の技術は今後もなくならないです。なおメリットには射出成形をすべてオートメーションの自動化にすることができる点にも優れ、人手不足の解消・人件費などのコスト削減を果たすこともできます。逆にデメリットがあるとした場合、それを導入するための設備に費用が掛かってしまう点があります。

そのため企業では将来の製造による採算性があるかどうか、他にも汎用性があるかどうかを検討して導入するのがほとんどです。他にも肉厚や薄すぎる成形が難しい点があり、成形に限界が存在するデメリットがあります。見落としがちなメリットには、射出成形では使用する金型さえしっかり製造できれば事細かい複雑な形状の物を生産することができます。表面の精密さを出したい場合にも、優れた技術になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です