射出成形をするために使う部品の種類

産業現場では必ず、鋳型を制作しないといけません。これは自動車からパソコン・自転車まですべての商品でいえることであり、以前は職人が粘土をこねてすべて手作業で製造をしていました。今ではCADを使用してパソコンで図面を描き、機械が自動的にシリコンを使って作っていきます。鋳型のことを射出成形といい、主に25種類の部品を組み合わせて細かく完成した形に忠実な姿で作っていくわけです。

そこでここでは、射出成形に使う25種類の部品を簡単に見ていきましょう。まず必ず使う物はエアーストッカーというものです。これは射出成形には必要不可欠で、どのような物質を制作するのも活用していきます。鋳型から完成品を取り出すときに使用するもので、25種類のなかでも筆頭的な存在といえるものです。

次に使用するものがワイヤーストッパーで、ゆっくりと形を整えるのに活用されます。そして完成品を成形するのに使用するパテというものは、射出成形の要でもあるので定期的なメンテナンスを必要としています。なお、25種類をすべて使う事は稀で、大半が10種類程度で終わります。大型工場であれば1つのユニットに全部の工具を入れていますが、中小企業であれば使用するごとにセットをするのが一般的でしょう。

射出成形は使用頻度が高いので、毎月一回は状態確認をしないといけません。特に精密機器を製造する場合は1ミリ単位でもずれが生じてはいけないので、確認をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です