射出成形でのゲートの種類や特徴

樹脂材料を高温度で加熱してどろどろの状態にする、それを噴射器のようなもので金型内部に一気に流し入れるのが射出成形です。そのため、射出成形機と呼ばれるものには、金型をセットする部分と材料を溶かして流し込む部分に分かれており、金型内部には材料の入り口でもあるゲートが設けてあるのが特徴です。ゲートは、材料が入る場所に相当しますので、金型を開閉すると部品にはゲート口部分に出っ張りができて後処理が必要になります。ゲートにはいくつかの種類があり、中には後処理がいらないゲートの種類も存在します。

射出成形の金型の中で後処理が要らないゲートの種類には、サブマリンやバナナ、ピンなどがあり、逆に後処理が必要なものにはダイレクト・サイド・ジャンプ・フィルムなどの種類があります。サブマリンは、トンネルのような形をしていて、金型が開く際に自動的にゲート部分がカットされるなどの仕組みを持ちます。ただ、流動性があまり良くない樹脂材料やガラスを混ぜ合わせたものなどは不向きですし、金型そのものが複雑になる関係からも金型製作のコストが高くなりがちです。バナナはサブマリンに似ているもので、ランナーから製品の連結部分までがフルーツのバナナのようにカーブしているのが特徴です。

外観部分にゲートを設けることができないときに便利なゲートの種類になりますが、射出成形における加工の難易度は高めです。ピンタイプも後処理が要りませんが、サブマリンやバナナなどのゲートと同じく金型の構造が複雑になるなど金型のコストは高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です