射出成形の種類の紹介

射出成形と一言で言っても、その中にはさらにさまざまな種類が存在します。たとえば、低圧成形なども射出成形の種類のひとつです。なお、そもそも収縮率が小さい射出成形では金型転写性を良くすることを目的に射出圧力を高くして行うのが一般的です。ただ、その圧力が高ければ高いほど装置内の圧力勾配が大きくなり、ガス焼けなどの不良の原因にもなりえます。

そこで、そのような問題を解決するために生まれたのが低圧成形です。金型内の圧力を大きくならないように低圧で成形を行う手法ゆえ、一般的に出がちなバリや反り、変形防止が行えます。ただし、その分だけ完成品の構造に合わせて射出速度や金型構造の最適化をしっかりと検討しないときれいな完成品を得られません。そのほかにも射出成形にはさまざまな種類が存在します。

射出と圧縮を組み合わせた射出圧縮成形なども製造現場において広く利用されています。具体的なその仕組みは、圧縮ストローク分だけ残した状態で原料である樹脂を射出した後圧縮成形する、というものです。特にひずみが少ない完成品が得られるので、光ディスクや高額レンズや高速でものづくりを行いたい場合に向いています。加えて、樹脂を射出後、あるいは射出しながら加圧された不活性ガスを注入し内部に中空部を形成させるガスアシスト射出成形、あらかじめデザインが印刷されたフィルムを金型に挿入してから行うインモールド成形などもよく使われる加工方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です