生産工場の射出成形で実施されている工程の種類

自動車やおもちゃ・バイクにコンテナなど、これらの製品を生産する場合は必ず鋳型を使用してデザイン通りの形に仕上げられています。以前は土や粘土を捏ねて職人が一個ずつ、時間を掛けて鋳型成形をなさえていました。1980年代後半からはオートメーション方式が主流となり、大規模な産業現場では自動ロボットによる射出成形をなされるようになりました。射出成形とは今では3Dプリンターという呼ばれ方をしていますが、ウレタンやシリコンを使用してデザイン通りの型を作る方法です。

図面はCADというデータで構成されているので、昔のように職人が手作業で成形しなくても構いません。この射出成形を実施するには、計25種類の噴射機とスクリプターなどを使用します。それぞれ工程ごとに使用するものはわかれており、最初に使うのは高圧ノズルチェッカーというものです。25種類のなかで最初の使うノズルチェッカーは、射出成形のなかでも要といえる工程になっておりあらゆる商品で必ずおこなわれています。

この段階で基盤を支えることになるため、耐久性のあるウレタンを使用して成形を実施するのが基本です。25種類の工程のうち、最終段階では塗装か鋳型抜きのどちらかに分かれます。これは生産する商品で異なりますが、自動車であればドアやボンネットを鋳型抜きしてから塗装となるため、工程の種類が若干異なるわけです。それ以外のおもちゃやコンテナであれば塗装をおこなっておきます。

射出成形の種類のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です